とりまとめ

フィンチ、インコ、オウム等、かわいいコンパニオンバードを中心に野鳥から世界の珍しい鳥までみんなの面白い動画や記事をお届けします!

    話題

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    上野動物園と言えば、鳥類もかなり充実している動物園ですが、まさかの目つきの鋭い鳥類選手権が開催されているようです。

     

     

    【東が勝つか!西が勝つか!上野動物園で「東西目つき鋭い選手権」!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    鳥はさえずりで自分と同じ種が縄張りに入ってきたかを区別しているそうです。

    しかし、その区別する能力が高すぎると、思わぬ結果になることも…?

    【賢すぎてかえって失敗?さえずりで同種を区別する鳥は敵味方がわからなくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    愛知県美浜町の南知多ビーチランドで、フンボルトペンギン52羽による100メートル走が開催されたそうです。

    【ペンギンにとってはマラソン?100m走に挑戦したペンギンたち!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    9月28日の夕方、帰宅ラッシュが始まろうとしている中、鳥が電車に入り込み大騒ぎになると言う珍事が、JR京浜東北線でおこったようです。

    【鳥が原因で都内の交通網が麻痺?まさかの鳥専用車両!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    とてとて歩いているこちらのペンギン、どこにいるかというと、なんと台所に!

    【台所にうごめく謎の影、その正体はなんとペンギン!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    293abe2a3fea06ae8cc91d464df70430 s

    みんな大好きハシビロコウさん。

    その人気はネットや鳥好きの間だけの物かと思いきや、なんと一般層にも人気急上昇中だそうなんです!

    【意外と動く」ハシビロコウの人気上昇中、上野動物園のグッズ販売はパンダに次ぐ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    3d1e7fa253b5548a12a1a23baf5ae7db s

    日本でも一部の高山で見かけることのできる貴重な鳥、ライチョウ。

    日本語では、そのけたたましい鳴き声が雷のようだから名付けられたとも言われていますが、

    英語は、あの単語で良いのでしょうか…?

    【雷鳥って英語でなんだっけ?動物園が衝撃の掲示!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    以前ミョウガの妖精としてとりあげた不思議な鳥「ヨシゴイ」

    その奇抜な容姿が海外でも話題になっているようです。

    【ミョウガの妖精さんが海外で大人気!そしてコラ祭りに…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    駐車場を猛スピードで走っている鳥を見かけたら、ほぼ間違いなくハクセキレイ。

    そんな駐車場好きなイメージのあるハクセキレイですが、

    遂に車に巣を作ってしまったようです。

    【駐車場を走る鳥でお馴染みのハクセキレイ、遂に車に巣作り】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    イギリスの50代男性、彼はオウムが大好き過ぎて、

    いつしか自分自身もオウムになりたいと強く願うようになっていたそうです。

    そしてこの度、名前も「パロットマン」に改名することが認められたそうです。

    【オウムに似せるため身体改造の男性、本名も「パロットマン」に改名へ】の続きを読む

    このページのトップヘ