とりまとめ

フィンチ、インコ、オウム等、かわいいコンパニオンバードを中心に野鳥から世界の珍しい鳥までみんなの面白い動画や記事をお届けします!

    イギリス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    26

    な、なんてオシャレな鳥雑貨…!!
    クリスマスの飾り付けも賑々しいこの季節、あの有名雑貨点で見つけた鳥グッズのオシャレさに衝撃を受けたのでご紹介します。  【【雑貨】クリスマスまであと1ヶ月…ローラ・アシュレイの鳥雑貨コレクションに思わず胸が高鳴る!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    英国ハンプシャー州で飼われていたヨウムが、

    寝静まった家族に鳴きわめいて火災発生を知らせ、一家を救ったそうです。

    【火災報知器のマネばっかりじゃない!火災から一家を救ったヨウム】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    一見そういう模様の壁紙に見えるこちらの写真。

    じつはエンボスロールで模様を付けているのです。

    【エンボスロールで部屋をアレンジ!継ぎ目の無い鳥の美しい模様に驚嘆!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    本格的なインドカレー屋さんなどで見かける香辛料がたっぷりしみこんだタンドリーチキン

    もちろんタンドリーチキンは鶏の料理ですが、なんと香辛料まみれのカモメがイギリスで発見されたそうです。

    【調理済み!?全身カレーまみれのタンドリーカモメが動物病院へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    イギリスの50代男性、彼はオウムが大好き過ぎて、

    いつしか自分自身もオウムになりたいと強く願うようになっていたそうです。

    そしてこの度、名前も「パロットマン」に改名することが認められたそうです。

    【オウムに似せるため身体改造の男性、本名も「パロットマン」に改名へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    大人が読んでも楽しめる絵本『ミスZ オウムさがしの旅』をご紹介します。

    【オウムを探すファンタジー絵本『ミスZ オウムさがしの旅』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    ロンドンを中真意活躍するアーティスト、レベッカ・ジュエルさんは

    鳥の羽に直接アートを描く作品を作っているそうです。

    【鳥の羽に鳥のアート?羽を使った鳥イラストが凄い!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote




    イギリスのDinny Pocockさんは、野生動物をテーマとしたフェルト作品を作っているフェルト作家


    その中でも、リアルな鳥たちの作品をご紹介します。

    【イギリスのフェルト作家の作った鳥たちが、まるで動き出しそうなリアルさ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    イギリスのウェールズでは、カモメはダンスを披露してくれるそうです。

    チップは文字通りポテトチップスでOKです!

     

     

    【ポテチに釣られて…必死に踊るカモメが可愛い!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    NewImage

    とあるイギリスの洪水を収めた写真が、

    不謹慎かもしれないけれど、凄く優雅だと話題になっています。

     

     

    【紳士の国、イギリスは洪水まで優雅?】の続きを読む

    このページのトップヘ