no title

インドネシアで撮影されたとある写真。

雨の日のフクロウの様子をとらえた物なのですが、

その姿が可愛すぎると話題になっています。

 

 

NewImage

こちらのフクロウはジャワコノハズク

インドネシアの首都ジャカルタの小さな公園で、土砂降りの日に木の枝に寄り添っている体長15センチほどのフクロウがいたそうです。

2羽は葉っぱの下でお互いに温めあい雨宿りをしているかのようだったそうです。

 

ジャワコノハズクはジャワ島の固有種で、大きいものでも体長18センチ程度。

森林伐採により個体数は減少しており、国際自然保護連合が作成した「絶滅のおそれのある野生生物のリスト(レッドリスト)」で

絶滅危惧II類に指定されているそうです。