NewImage

栃木と茨城をまたいでそびえ立つ鷲子山。

この山頂にある神社はその名の通り、鳥と非常に縁のある神社です。

 

 

 

鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ)は、栃木と茨城の県境、鷲子山の山頂にある神社です。

こちらの神社は、日本一の大ふくろう神社として有名な神社です。

ふくろうは「不苦労」と読めることから、縁起の良い鳥とされていますが、

この神社ではフクロウと結びついたものが色々あります。

 

まず神社の階段。

石段はなんと96段、いきなり苦労の語呂合わせになっています。

そしてこれを行きと帰りで往復すると、2回96段を通るということで、

296(フクロウ)の石段と言われています。

 

ちなみに祭っている神様も鳥が関連しており、天日鷲命(アメノヒワシノミコト)という鳥に関わる神様です。

 

NewImage

そしてこの神社最大の特徴が、なんといってもこちら

全長7メートルの巨大フクロウ像です!

不苦労の神ということで、様々な御利益があるようですが、

特に金運がよくなるといわれており、宝くじの当選祈願に多くの方が訪れているそうです。

 

NewImage

また、福ふくろうロードという道の入り口には、自分の干支の九星ふくろうという像が並んでいます。

自分の「星」のふくろう像を見つけ、撫でると幸運を呼び込めるとか。

 

意外と可愛いフクロウ像のある鷲子山上神社。

フクロウ好きなら是非一度訪れてみたいパワースポットですね。