恐竜、、、ではなく恐鳥の化石が見つかったそうです。
あまり聞き慣れない恐鳥ですが、一体どんな化石が見つかったのでしょうか?
 飛べない大型の肉食鳥類「恐鳥」の新種の化石を発見したと、アルゼンチンのコルドバ大などの研究チームが米古脊椎(せきつい)動物学会誌に発表した。全身骨格の9割以上がそろっており、恐鳥の生態を解明する手がかりが得られると期待される。 引用元:恐鳥:新種の化石、アルゼンチンで発見…ほぼ全身骨格 - 毎日新聞
恐鳥は、恐竜が絶滅してから現れた鳥の祖先と考えられており、今回の化石は350万年前の地層から発見されたそうです。



体長は約1.2メートルで、学名は「ララワビス・スカグリアイ」と名付けられたとのこと



この恐鳥を詳しく調べることで、現在の鳥への進化の過程などの解明が進む事が期待されています。